目のかゆみ、疲れは老眼の予兆!?
放置すると老眼が早まる!?
えんきんは今なら2袋1000円?!
公式サイトは下の画像をクリック。
ファンケルのえんきん

大人の視力低下の原因とは?ドライアイ?目の病気?

今回は、大人の視力低下の原因について、いくつか例をあげてお話します。

視力低下の主な原因は、乱視や近視。
そこに、年齢によっては老眼が加わります。

乱視は水晶体や角膜の歪みによって表れますが、
若い頃は無意識に調節を行うため、とくに気にならないことも多いです。

しかし、30代以降になって歪みを調節する筋肉が衰えると、
はっきりと視力の低下を実感するようになっていきます。

大人視力低下

近視は目のピントを調節する力が低下して起こり、
遠くのものが見えにくくなります。

その原因として大きいのは、PCやスマホの使用。

液晶画面は輪郭がはっきりしないため、
それを見ようとすることで目に負担がかかり続け、
ピント調節機能がどんどん狂っていくのです。

近視の症状を悪化させるものとして、ドライアイも無視できません。

人は年齢を重ねるごとに涙の分泌量が減り、目が乾きやすくなります。

加えて、PCやスマホを見つめ続けることでさらに乾きは悪化。、
実際、オフィスワーカーの3人に1人はドライアイに悩んでいるのだとか…。

ドライアイは目の乾きや痛みを引き起こすだけではなく、
まぶしさや疲労感などの原因にもなり、
放置すれば視力低下を招く、恐ろしい症状なのです。

また、日本は先進国の中でもまれに見るストレス社会。
ストレスは眼精疲労を悪化させ、そのケアを怠れば、
それはそのまま視力の低下につながります。
視力低下を防ぐためには目のケアはもちろん、
精神面でのケアも大切だということですね。

今回取り上げた以外にも、喫煙や目の病気(白内障や緑内障)、
あるいは脳の病気なども、視力低下の原因として考えられます。

目は換えがきかないものなので、もし急激な視力低下などに悩んでいるならば、
なるべく早いうちに専門医の診察を受けるといいでしょう。

もちろん、普段から目に負担をかけないようにすることが一番大事です。
最近は眼精疲労のケアや老眼の予防に効果的なサプリもあるので、
そういったものを使うことを考えても良いかもしれませんね。