目のかゆみ、疲れは老眼の予兆!?
放置すると老眼が早まる!?
えんきんは今なら2袋1000円?!
公式サイトは下の画像をクリック。
ファンケルのえんきん

なぜ整体に行っても治らない!?首の後頭部が痛い、こりの本当の原因とは

「首の後ろ側から肩にかけてが猛烈に痛い!」
最近、整体院ではそんな患者が増えているのだとか。

そして専門家によると、ここ何年かで私たちの首から
骨盤にかけての歪みは驚くほど加速しているのだとか!

後頭部痛い

その原因は、いまや必需品となったスマホやPC。
一体どういうことなのか、詳しく見ていきましょう。

あなたはスマホやPCを操作しているとき、どんな姿勢をしていますか?

客観的に見て、「良い姿勢をしている!」という人は少ないはずです。
スマホをいじっているときは頭がだらりと垂れて、背中が曲がっている人が多いはず。

PCも似たようなもので、首が前に突き出し、肩が上に上がり、
背中が曲がっている場合が多いでしょう。
(もちろん、中には綺麗な姿勢で操作している人もいますが…)

こうした姿勢の悪さは体の歪みを引き起こし、さらに慢性化させ、
肩や首の強烈な痛みとなって私たちに悪影響を及ぼします。

また、首や肩のこりには目の疲労が影響している可能性も大。

そして、目を疲れさせる原因といえば、長時間のPCワークやスマホの操作なのです。

つまり、PCやスマホの操作は姿勢に
気を付けなければ首や肩の痛みを引き起こしてしまうし、
たとえ気を付けたとしても、
目に疲労がたまってしまえば結局痛みにつながってしまうのです。

とはいえ、スマホやPCを全く使わないなんていうのは不可能ですよね……。

この状況を打破するためには、
姿勢を良くすることはもちろん、目の疲労をきちんとケアをしてあげること。

目回りの筋肉の緊張をほぐすため、
じっくり温めたり、あるいは冷やしたり(温冷を繰り返すパックも効果的です)、
ゆっくり遠くを眺める時間を設けたり、
指先を使った優しいマッサージも効果的ですね。

入浴中、体が温まって血流が良くなっているときに行うとさらに効果的です。

もちろん、目回りだけではなく、肩こりや首こりの解消にも血行不良の改善は不可欠。

シャワーだけで済ませている人は、
なるべくお湯につかる機会を増やすようにしましょう。

全身の血行をよくすれば、筋肉も程よくほぐれ、疲労をためこみにくくなります。
痛みを解消する一番簡単な方法でもあるので、ぜひ実践してみてください!